◆恐怖!恋の駆引き=それ、バレてますよ?大事なのはプロファイリング◆



前回のレポートでは、
https://u-rennai.jp/contents/report/457

安易な駆け引きの危険性について書きました。

駆け引きに関して、
「キチンと自分に落とし込めていない」のに「やってしまう」ことが大きな原因だと感じます。

そのうえ、男性にはバレていないと思っても「バレバレ」は少なくないです、ということもあります。

女性にわけのわからない駆け引きをされて「醒めてしまった」というケースや、 「めんどくさくて、もういいやって思いました」というケース、
実はたくさんあるのです!

関係を良くしたくてやったことでも 、良くなるどころか別れにつながるとしたら最悪ですね。

何故こういうことになるのでしょうか?

わかりますか?

ーーーーーー

①相手がどういう男性なのか正確にプロファイリングができてない。
(有効とはいえない駆け引きをしてしまう)
   ↓
   ↓
②自分がする駆け引きの結果に対し、覚悟も推測も甘い。
(予想外の反応された場合にオロオロしてしまう)
   ↓
   ↓
③結果として駆け引きが「試し行為」のようになってしう。
(あわてて縋ったりして、駆け引きを台無しにしてしまう)

ーーーーーー

押せ押せのセックス至上主義の男性には有効な駆け引きでも、受け身のアプローチをする男性には有効であるとは限りません。

なぜ彼は受け身のアプローチをするのか?ここでキチンとしたプロファイリングが必要なんです!

一般的な恋愛指南書に登場する男性は、博士理論でいうセックス至上主義の男性がほとんどです。

ですから、「ふるい落としの駆け引き」「追わせる駆け引き」が多いわけです。

【強気に出る→結果を得やすい】


ところが、そうではないタイプの男性もたくさんいます。

・女性にモテることにそれほど興味のない男性。

・仕事や趣味の自分の世界や男友達を優先する男性。

・前回の恋愛で疲れている男性。

・独身生活が長くてマイペースの男性。

このような男性に、同じことをしてしまうと、上手くいかなくなることが多いでしょう。

彼らは一緒にいてラクな女性、こころ穏やかで過ごせる女性、ふんわり感じの優しい女性を求めていることが多いです。

【強気に出る→相手は「居心地悪い」と感じます】


なんでも同じようにやってはいけないですね。
当たり前のことですけどね。

ーーーーーー

『駆け引きは表面的なテクニックではありません。
だから実は教えにくいのです』

博士もこのようにおっしゃっていますし、

『駆け引きで重要なのは知る事である』と書かれています。
https://u-rennai.jp/goodwill/protocol/12/

セックス至上主義の男性に関しては、「彼らも熱心に恋愛を研究している!」のです。

駆け引きがバレやすいのは、そのためです。

バレてても気付かぬ振りして、その上手をいくのが「真のセックス至上主義」かもしれません。

油断はできないの♡ です。
駆け引きしあって丁々発止、それを面白いと感じ、楽しめるもの同士なら…何をしても問題起こらないんですけどね。
そういうわけでもないのなら、取扱注意に変わりありません。

このあたりも、ちゃんと頭に入れておきたいものですね。
(∩´∀`)∩


次回レポート⇒◆恐怖!恋の駆引き=成功者に学ぶという基本は何より大事です!◆
https://u-rennai.jp/contents/report/459

mami さんの他のレポート

会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE