駆け引き上手は名脚本家!恋愛を成就させる “物語作り”の方法

相手を思い通りにできる。

相手を思い通りにできる。

復縁したい、両思いになりたい、彼の心を取り戻したい、彼と結婚したい…でも、頑張ってもうまくいかない!という人は、脚本を書き、脚本通りに役を演じると良いでしょう。そこで今回は、「相手を思い通りにするための脚本作り」について述べます。

脚本が必要な理由は、恋愛が「長くドラマチックな物語」だからです。たとえば、凄く嫌いになって別れた女性と復縁する場合、そこには恋愛ドラマのような物語があります。

彼女と別れて自由を味わい、男友達と飲み歩いたりして、楽しんでいた彼。でも、ある時期から、仕事がうまくいかなくなり、自由にも飽きてきて、1人ベッドに眠るのが寂しくなる。その時、ふと元カノからの古い写メを見て、「あのころは楽しかったな、今頃どうしてるだろう」と思い、何気なく彼女にメール。すると、彼女からとても優しい絵文字付きの返信が。彼女の良い思いでばかりが急に心に浮かび、勇気を出して電話をしてみると、あの頃のように盛り上がる。そして、彼は復縁を考えるようになる…といった具合です。

恋愛指南書にこのような物語は出てきません。ですが、物語を作り、その通りに相手を動かすことが、恋愛成就には大きな力を持ちます。では、恋愛を成就させるための脚本作りについて述べましょう。それは次の3つが軸となります。

1.登場人物と背景を決める
復縁したい場合、登場人物は復縁したい彼とあなた。彼に恋人がいれば、その恋人も登場人物です。背景とは、現在の状況に至った理由や今の彼の状況です。たとえば、「彼が仕事で忙しく余裕がない時、私がダメ出しをし過ぎて彼が離れていった」「彼は今、恋人がいない」など。

2.現実的な物語を作る
1の状況から、自分の目標(この場合復縁)に向かって続く、現実的な物語を作ります。彼の中で、これまでの話と次の展開の双方につながっていく、リアルなものである必要があります。

3.ロマンチックで非日常的な演出をする
恋愛は、非日常とロマンチックな気持ちの中にあります。また、彼をハラハラ・ドキドキさせる必要があります。その気持ちが相手を動かすからです。

彼が一流の恋愛ドラマを体感しながら、徐々にあなたが設定したゴールに向かっていく、それが駆け引きには重要です。ではもう少し具体的に説明しましょう。

CHECK!恋愛が成就する、脚本作りの方法

CHECK!恋愛が成就する、脚本作りの方法

1.登場人物と背景の決め方
現実世界と同じにしなくてはなりません。現実とズレていれば、その脚本は何の役にも立ちません。そのためには男性という生き物を知る必要があり、また彼自身をよく知っている必要があります。

たとえば、「彼は背が高く、筋肉質。お洒落には気を遣っていない」とか「彼は仕事に忙しくて恋愛どころではない」とか「彼は周りの友達がどんどん結婚していて焦っている」など。正確に、彼を説明する言葉をたくさん書いていきます。あなた自身についても同様です。ここが正確に描けると、よりリアルな物語が書けます

2.物語の作り方
主人公は彼です。彼の視点で物語が進んでいくようにします。第13話を最終回と設定し、その最終話で目的を果たせるようにします。

たとえば、彼があなたの態度にうんざりして別れたなら、そんな彼があなたを徐々に好きになっていき、第13話で「ついに彼女と復縁できた!」というようにするのです。そして、その最終話を目指して次の1〜2話だけ脚本を書きます。あなたがどんな行動すると、彼がどんなふうに感じて、あなたを好きになっていくかを想像しながら書きましょう

そこには彼の誕生日やクリスマスなどのイベントもあるでしょう。たとえば、「クリスマスに必ずくるはずの彼女からの連絡がない。少し寂しくなって連絡をしてみようかなと思う」という具合です。

物語を作る時、「ありえないこと」は避けてください。脚本にはあくまでもリアリティを持たせること。たとえば、「彼は、何故か急に彼女を好きになる」なんてありえません。

また、あなたが脚本通りに動いても彼がそう動かない時は、脚本を作り直します。もしかしたら、人物の設定や背景が間違っているかもしれません。たとえば、復縁したい彼が実はあなたのことを嫌いになったのではなく、他に好きな女性が出来ていたなら、あなたの脚本の通りに彼は動きません。

また1話進むのに半年かかることもあるでしょう。一度嫌いになった相手を再び好きになるのに、ある程度の時間が必要なことがあるからです。あなたが「彼があなたを好きになる物語」をどうしても作れないときは、実は半年、1年というスパンで1話を考えれば、物語が展開することもあるということです。

3.演出を考える
「クリスマス。ひとり家に帰ると、ポストに彼女からの絵はがきが」「彼女に呼び出され、またダメ出しされるかと思ったら、今まで本当にありがとうと、感謝の手紙を音読された」など。多少臭くても、演出のあるドラマを描けると、駆け引きはより効果的になります。ハラハラさせるために、「彼女に幾らメールをしても返事が来ない」とか、「突然、彼女が体をくっつけてきた」などもあると良いでしょう。

あなたの周りの駆け引きが上手な人は、男女に関わらず、このような脚本を意識的、無意識的に書き、その通りに演じている人だと思います。恋愛指南書を見て、有効なかけひきやコミュニケーション術を学び、現実に起こりそうな、そして演出に充ちた脚本を書き、実行しましょう。

恋の教訓
恋はノープランではうまくいかない
ワクワク&ドキドキがいっぱいの脚本で
彼のハートをがっちりつかんで!

『今から一年以内に『幸せな結婚をする』方法まとめ』

効果的な演出作りに、“手に入りそうで入らない距離”は不可欠!『彼の心を引きつける、“手に入りそうで入らない距離”のおき方 』もぜひ参考にしてください。

■合わせて読みたい
モテとは別?! 男が結婚したい女の条件「結婚相手としての魅力」6つ
彼氏が欲しいなら注意!女性目線の“自分磨き”は無意味
本命に選ばれる女子、美人じゃないのにモテる女子の共通点!
男性にモテる『本当の美人』の条件とは?「かわいい・綺麗」の真実

ぐっどうぃる博士

ぐっどうぃる博士 (恋愛カウンセラー)

理学博士(生命科学専攻)。現在は主に恋愛カウンセラーとして活躍。自身の体験と生命科学的視点を合わせた独自の恋愛メソッドを展開し人気を集めている。悩める女性の恋の問題が解決するサイト『恋愛ユニバーシティ』主宰。音声で恋愛を学べる『ぐっどうぃる博士の音ライブラリ』がある。現在、WEB、書籍、雑誌等など多方面で活躍中。また大手企業のマーケティングリサーチや企業のブランディング戦略にも参画。著書に『モテの定理』『恋愛マトリックス』(ソフトバンククリエイティブ)、「恋で泣かない女になる61のルール」(講談社)などがある。
ぐっどうぃる博士の経歴はこちら
http://u-rennai.jp/goodwill/

■ぐっどうぃる博士著書のご紹介
モテの定理 女心を知り、恋愛勝者になる究極の戦略 (ソフトバンククリエイティブ)

片思いの悩みを解決する方法のまとめ

関連記事

関連する相談


初めての方へ
会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE