〜夫の浮気で苦しむ貴女へ〜③

貴女はどうするべきか(続き)



では手に入った距離にいる貴女にできることはないのだろうか。
尽くすのでもなく、
責めることもせず、
何もしないままで、それで良いのか。


ただ泳がしているだけで、
時が経てば、浮気相手と破局することもあるだろう。
最初は手に入らないと思っていたものが手に入ってしまえば、
トキメキも失せ、
浮気相手が破壊行動などし始めれば、未来のない恋は終わりを迎える。

その時、貴女が
「私は妻でいられるならそれでいい。
もう忘れよう」
と思うならそれでもいい。
今後、より良い夫婦関係のためにも、
浮気されないようにできる範囲で心地よくし、
自分の欠点などを直していけばよい。

夫の浮気ぐせは治らないかもしれないが、
市場価値が低い男性なら、浮気したくても、できなくなるのが現実だろう。
お金と時間と手間がかかる浮気より、
妻である自分に天秤が振られるように気をつければ良い。
逆に、市場価値が高く、モテる夫だとしても、
その夫の妻として得るものが大きいなら、浮気には目を瞑ることができるかもしれない。


でも、もし貴女が、
苦しいなら。
夫に改心して欲しいと願っているのなら。
その気持ちに少しでも寄り添いたいと思い、
私はレポートを書きます。




2.「許す」という事について

浮気について苦しんでいる貴女は、
夫とこれからの関係において、
「浮気したことを許せるのか」
という問いが常に頭の中にあるだろう。

貴女は何か代償があれば許せると思うかも知れない。

例えば法に不貞を訴えれば慰謝料になるし、
心からの謝罪や、償いの態度があれば、
妻として大切にされていると感じることができれば、
何かで心が満たされれば、
貴女は夫を許すことができると思うかも知れない。
そして、安心を手に入れることができると思うかも知れない。

それで貴女の心が本当に安らぐのならそれでもいいだろう。

貴女は
「夫は悪いことをしたのだから、
何かで償うのは当然。」

そう思うかも知れない。

ただ、もし貴女が夫の何かしらの償いを受け入れたとしよう。

最初は夫も貴女のご機嫌をとるかも知れない。
ただ、暫くして、以前のようにふいに帰りが遅くなったり、
急に身だしなみに気をつけるようになったと感じたら、

その度に貴女はどう思うだろう。

一旦終わった事は蒸し返せない、私の妄想だ、我慢しよう、
そう思って、夫を責める事はしないかも知れない。
ただ、
夫の行動に疑心暗鬼になり、苦しむのではないだろうか。


「許す」とは、本来、何かの見返りの上で成り立つものではない。
(博士のプロトコルにある「男を許す能力」
女性としての中身を磨くとはhttp://u-rennai.jp/goodwill/column/11/


相手を知り、相手を理解すること。

「相手の気持ちになって考えなさい」
と、子供の頃に学校や親から習ったかもしれない。
相手の気持ちになって考えること、相手を理解すること、
その心から優しさがうまれる。
許容する心がうまれる。

夫の心を完全に理解し、夫と同じ考え、同じ感情を持てば、
その感情から生まれた行動を理解することができるだろう。

世の中や、貴女にとっての、何が正しい、何が悪い、
ではない。

人は善悪ではなく、感情で行動する。
そして、その感情は
「私は重要だと思われたい」
「私の価値を認められたい」
という欲求から湧き上がっているところが大きい。
(博士の推薦図書「人を動かす」参照)
それは、誰にだってある実に自然な欲求だ。


夫は何によって「自身の価値」を感じているのだろう。

貴女は夫自身になりきる事ができるだろうか。




善悪ではなく、完全に夫の感情で理解する。
夫ですら意識していない、感情でだ。

恐らく、貴女を苦しめたくて浮気したわけではない。

『とりあえず結婚して、隠れてしっかり遊ぼう♪』
という目的で貴女と一緒になったわけではないのだ。

例えば、
その人が、貴女の夫でない、
利害関係のない相手ならばどうだろう。
貴女はその人の心が理解できるかもしれない。
だが、自分の夫になったとたん、
受け入れられなくなるのは何故だろう。

夫の心を正確に理解したとき、
貴女がそれを受け入れられるかどうか考えてみるといいだろう。
「そのままの夫を受け入れられるか」を。
夫は貴女によって、変えられたいなどとは微塵も思ってはいないのだから。

それはつまり、
これからの戦略を考える以前に、
貴女は「夫」その人を好きなんだろうか考えることになると思う。

そう、言うなれば、
「浮気をしない夫」

「夫」
その人ではない。


万能な人間などはいない。
「人」はどれも似たり寄ったりだ。
強引に言ってしまえば、
「犬」はどれも似たり寄ったりだ、という感覚と同じ程度にしか、
本来、「人」だって大差はない。


つまり、貴女がどこもかしこも完璧な相手を望むことは無意味だと思うし、
「浮気をする」人と、「浮気をしない」人は
善悪の視点以外で考えた時、
どういう感情で動くのか、
何が違うのか、
考えてみると理解に役立つかも知れない。

相手の、悪いところ、弱いところ、何もかも含めて、

そう、全てを含めて

「その人」なのだ。




もし、貴女が夫を受け入れられないのなら、

夫の心を理解した上で 、
貴女の心が拒絶するのならば、


少なくとも、「今」の時点で、

貴女は夫を好きなのか、愛しているのか、
ただ「執着しているだけに過ぎない」のか、
解るだろう。


すにい さんの他のレポート

会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE