お互いに結婚したいのにどうしても出来ない

会員登録はお済みですか? 
「恋愛に悩んでる」「片思いから両想いになりたい」「復縁したい」など自分の恋愛をなんとか成功させたいと思っているかたは、会員登録(無料)をして、ぐっどうぃる博士のアドバイスを見ることをおすすめします
-- 恋愛ユニバーシティが初めての方恋愛ユニバーシティの「3つのメリット」とは? --

20代後半 結婚の相談

公開日:2018-03-02 00:20

お互いに結婚したいのにどうしても出来ない

▼ コメントを見る(22)

  • 28歳
  • よしか


相談者が望んでいるコメント

・何でも良いので意見が聞きたい

投稿内容

■ずばりどうしたいか?
どうしたら良いか教えて欲しい

■あなた(相談者)の年齢と性別、相手の年齢と性別。
あなた( 28 )歳 性別( 女  )
相手 ( 30 )歳 性別( 男  )
■あなたの状態と相手の状態
私も彼も未婚で付き合って6年、二人とも社会人です

■これまでの経緯を時系列で教えてください。
大学のサークルの先輩で、彼の告白で付き合い始め、4年前から同棲しています。付き合い始めから彼は将来結婚をしたいと言ってくれているのですが、私は彼との結婚は考えられず、どうしても結婚できないという理由があります。

■具体的な相談
実は私の母が過去に不倫をしており、その不倫相手の苗字と彼の苗字が同じだったのです。
それが原因で両親は私が中学の頃に離婚し、その不倫相手には良い印象がなく、正直な話今でもその名前を見たり聞いたりするだけでもやもやした気持ちになります。なんなら顔も思い出してしまうくらいです。付き合っている分にはまだなんとか気持ちも抑えられるのですが、結婚して自分がその苗字を名乗って生きていくなどは考えられず、絶対に避けたいと思ってしまいます。

なので付き合い始めの頃から彼には結婚は出来ないと伝え続けていました。彼もその事は承知でそれでもなお何か方法があるかもしれない、と私と一緒にいることを選んでくれました。私も4年一緒にいるうちに段々彼のことを好きになり、次第にお互い結婚できたら良いのにという話もするようになりました。しかしそこで問題になるのは決まって私の彼の苗字に対する嫌悪感であり、話がそこから先に進むことが出来ません。なんの罪もない彼には本当に本当に申し訳ない話なのですが…。

結婚後私の苗字を名乗ることは彼が一人っ子であるため出来そうもありません。また、それならばと彼が自身の母方の姓に変えて結婚するのはどうかと提案してくれましたが、私のせいで彼の親族も巻き込んでそこまで大きなことをしてほしくありません。ならば夫婦別姓で事実婚はどうかという案は、子供が出来た時に両親が違う苗字で戸惑わせたくないということで却下になりました。いっそ苗字の改名は出来ないかと調べてみましたが、余程の事情がない限り出来なさそうです。

そんなこんなでどうしようもない状況になってしまい、結局全て私の我が儘になってしまうので、もう結婚は諦めた方が良いと考えています。彼にもそう伝えているのですが納得もしてくれず、お互いにしたいと思っているなら諦めずに方法を探そうと言ってくれています。私もはじめのうちは何か方法があるならと考えていましたが、こうも打つ手なしだともう駄目だろうという諦めしかなくなっています。
やはり私の気持ちを変えるしかないのでしょうか?他に何か方法はないのでしょうか?
▲ ページTop
▼ 新しい順に並べ変える ▼
22件中 1ページ目を表示中
  • はじめまして。
    彼の提案にはのれない。
    あなたの気持ちも変わらない。

    別れたらいいと思います。
    こっ酷くお別れして、母親の不倫相手の代わりに痛めつけてやればいいのです。

    二度とどんな人であっても、その苗字の人とは付き合ったり、同棲したりしないことです。

    自分はそういうにところもあると認めればいいことです。

    しんり 33位 2018-03-02 05:08
  • はじめまして。
    やはりそうするしかないですか…
    私も彼のことは好きでこの先も一緒にいれたらという思いはある反面、上記の事情で将来性を見込めず、今後結婚出産を考えるなら早く別れて新しい人を探すのも…とも思っていました。
    もう一緒にいたところで本当にどうしようもないですものね。
    ただ、彼とその不倫相手は全く関係がないので、痛めつけて別れるという点は違うかな、と思います。
    コメントを頂きありがとうございました。

    よしか(投稿者) 2018-03-02 09:33
  • よしかさん、こんにちは。
    この問題、究極には、

    【自分の拘りから、自分自身がどこまで自由になれるか】

    という問題です。
    ほんとに、あなたの心の中の問題なんですよね。

    >お互いにしたいと思っているなら諦めずに方法を探そうと言ってくれています。

    「つまらないことではないけれど」
    「自分にとって深いトラウマだけど」
    「そこから自由にならなければ」
    「彼とは結婚できない」

    今現在、彼への愛情以上に「過去」に囚われてしまっています。
    「過去」が「現在」と「未来」までをも蝕んでいる。

    呪縛、ですかね。

    苗字なんて単なる記号だ!と、思えないわけですよね。
    しかし戦後民法(家族法)も変わり、苗字(氏)は単に記号という位置にあります。

    理屈では理解できても、心情的に無理、ということだと思いますし、
    そのお気持ちはわかります。

    どうしようもないというなら、やはり別れるしかないのかもしれません。
    それもまた人生です。

    考えてみてください。

  • よしかさん こんにちは。

    大変厳しい事を言います。
    応援したい気持ちからなのでお許しください。

    はい。よしかさんが気持ちを変えるしかありません。

    よしかさん自身のトラウマがどのぐらい深いのか、私はには推し量る事が出来ませんが、

    よしかさん、彼の気持ちを考えた事ありますか?

    いろいろ提案してくれていますよね?

    まず「感謝」出来ないのでしょうか?

    ◯「彼が自身の母方の姓に変えて結婚するのはどうかと提案してくれましたが、私のせいで彼の親族も巻き込んでそこまで大きなことをしてほしくありません。」

    ★結婚は親族を巻き込まない小さな事ではありません。また、彼が母方の姓に変えるなんて簡単に出来るものではなく、それ程までの事をしようとしてくれたのです。

    ◯「ならば夫婦別姓で事実婚はどうかという案は、子供が出来た時に両親が違う苗字で戸惑わせたくないということで却下になりました。」

    ★それなら、結婚も子供を持ちたいなども考えなきゃいいって事になりますよね。

    ◯「いっそ苗字の改名は出来ないかと調べてみましたが、余程の事情がない限り出来なさそうです。」

    ★当たり前です。



    あれもダメこれもダメ、
    でも彼と結婚したい。

    ワガママどころか自己中です。

    またさらに、結婚を諦めようか…でも、彼と一緒にいたい。

    なら、結婚も何もしないままダラダラお付き合いをし、彼のこれからの人生、どうお考えですか?
    一生ワガママに付き合わせるつもりですか?

    人は何か達成したい事に何か障壁があって、どうにもなりそうにない場合、自分の納得出来る範疇でいわば「妥協」をしなければならない場合もあるんです。
    (妥協で結婚しろとか結婚とは妥協であるという意味ではないですよ)

    しかも、結婚はしてあげるものでも、してもらうものでもありません。
    愛する人と2人でするものです。

    その為に、ご自身のトラウマはご自身でどうにかすべきです。
    自身の心の中を治せるのは、ご自身しかいません。あくまで、カウンセラーや精神科医や仲間や恋人、家族などはきっかけです。
    ご自分の意思でどうにかするものなんです。
    そのご意志さえもなく、どうにかしようと恋人が出してくれた案もダメ、となると、
    ご自身の足で立ってご自身で歩く気あります?と訊きたくなります。

    おそらくよしかさん結婚したくないんだな、という印象を受けます。
    何とか尽力してくれる彼に一生ワガママに付き合わせ、彼の大切な人生を無駄にしない為にも、彼とはお別れして差し上げるのが得策と思います。

    ですが、別れた後、懺悔の気持ちと辛い孤独に襲われても後悔はせぬように。

    endroll238 10位 2018-03-02 11:09
  • よしかさん、こんにちは。

    よしかさんが、この問題を解決する方法は
    「今の彼と結婚してしまうこと」だと思います。

    【「両親が離婚した原因」の不倫相手と同じ苗字だから結婚しない】なんて
    よしかさんは、
    「母親の不倫相手の影響をずーーっと受けながら、このまま自分の人生を終える」つもりでしょうか?

    >実は私の母が過去に不倫をしており、その不倫相手の苗字と彼の苗字が同じだったのです。
    >それが原因で両親は私が中学の頃に離婚し、その不倫相手には良い印象がなく、正直な話今でもその名前を見たり聞いたりするだけでもやもやした気持ちになります。なんなら顔も思い出してしまうくらいで
    ご両親が「離婚したきっかけ」になったのは
    もしかするとその不倫相手かもしれませんが
    【ご両親が「離婚した理由」は不倫相手が原因ではないでしょう。】
    そうでないなら、
    昨今これだけ不倫が話題になる世の中なのに
    離婚しないカップルがいるのはなぜですか?
    【ご両親が離婚した理由、原因は、不倫相手ではない】です。
    他に理由があるはずです。
    ご両親に「本当に不倫相手が理由、原因で離婚したのか」聞いてみればわかると思います。

    >付き合っている分にはまだなんとか気持ちも抑えられるのですが、結婚して自分がその苗字を名乗って生きていくなどは考えられず、絶対に避けたいと思ってしまいます。
    >私も彼も未婚で付き合って6年、
    確かに、ただお付き合いしている関係と
    結婚して自分もその姓を名乗らなくてはならない
    この違いは大きいでしょう。
    日本には夫婦別姓やミドルネームがないのはなぜなのか?
    と考えることも、なくはないです。

    ただ、お付き合いしてきた6年間、
    毎日そのことだけ考えて過ごしてきたわけでもないと思いますし
    それは結婚してからも同じだと思います。
    今、結婚を機に悩むように、何かあったときに
    その名前が嫌になったりすることは今後もあると思います。
    ですが、その名前が理由や原因で2人が離婚することはないと思います。
    離婚することがあるとすれば、【それ以外のことが原因で】
    「結局名前も許せなかった」ということになると思います。
    つまり、ご両親が「不倫相手がきっかけで離婚した」という表向きの理由と同じような類のことになると思います。
    大昔に「相手がソバを食べている姿が嫌で婚約破棄した」なんて話題もあった記憶がありますが
    それも同じことでしょう。

    これまでの人生、
    よしかさんは、その不倫相手が「原因」で両親が離婚したと思い
    そしてそのことが、自分の恋愛にも影響してきたのかもしれません。

    これからの人生、
    さらにそれを引きずって日々を送りますか?
    問題から逃げたり、目をそらさないことです。
    彼と別れて次に付き合った人も同じ苗字なら
    また別れるのですか?!

    承知なことだと思いますが、結婚相手に完璧などございません。
    自分を含め、完璧な人などいないからです。
    大好きで結婚しても不満点が勃発したりするのが世の常だと思いますが
    【結婚という枠組みがあるから】

    >やはり私の気持ちを変えるしかないのでしょうか?他に何か方法はないのでしょうか?
    【それをどう折り合いをつけていくのか、自分で考え、自分なりの答えを見つけることになる】のです。

    今、解決法が見つからないなら
    彼と結婚してみれば良いと思います。

    彼と結婚することによって
    「その不倫相手の名前に影響される人生」から解放される
    自分なりの答えを見つけることができると思います。

    自分が結婚する直前に付き合っていた元カレの名前が
    甥っ子の名前になってしまっていた友達がいます。
    初めは受け入れられなかったけれど
    甥っ子と過ごす楽しい時間が元カレとの記憶を上書きし
    今ではその名前を聞いても甥っ子の名前としか思わないそうです。

    ご両親がこれから一緒にやっていこうと結婚したのに別れたように
    彼女が甥っ子の名前を聞いても今ではもう何も思わないように
    「人間関係や、それにまつわる気持ちは
    いつまでもずっと同じではありません。」
    同じような状況であっても、少しずつ変化していきます。
    今より深まる関係もあれば、そうでない関係もあります。

    またそれは、今、彼が結婚しようと言ってくれているけれど
    どうあがいても無理なら、それが長く続けば
    諦めてしまうことだってあるということです。

    もともと結婚は大きな賭けです。
    「やった後悔より、やらない後悔のほうが大きい」と言われることもあります。
    本当に嫌だったら、やってみてダメだったら
    離婚したっていいと思います。

  • よしかさん。
    初めまして。

    人の心の傷の癒え方は、それぞれですよね。
    母親の異性関係での傷は、思い出すだけでも、気持ち悪さが伴ったりします。
    別人と分かっていても、名前に拘ってしまうのも、よく分かります。

    ほかの方も書いていらっしゃいますが、事実婚でも、公的な書類以外は、どちらかの姓を名乗っている方は、結構ありますよ。
    逆に、仕事上の都合で、旧姓のままでないと支障を来すとか。
    様々な事情で、名字を使い分けることが可能になっている時代だと感じます。
    こういう話は、お相手の男性や、お友達からも、されたと思います。
    結婚したくない原因は、名前の問題だけではない気がしますが、いかがでしょうか。

    お母様が不倫で、結婚が破綻したことで、ご自身の結婚にも、どこか自信がない部分もあるのでしょうか。
    偶然に名字が同じことで、余計に気になるのかもしれませんね。
    そこで、気になります。
    同じ名字の男性を傷つけることで、お母様に復讐しようとしている気持ちは、ありませんか?
    恋人の立場からすれば、結構なダメージですよ。
    「あなたの名前が許せない」とは、その人が選んで生まれたものではないですし、どうしようもないことです。
    結婚したら、いくらでも「どうしようもないこと」が出てきます。
    それを、2人でなら、どんな辛いことでも乗り越えられると決意するので、結婚するのではないですか?
    私の読み違いかもしれませんが、その男性と、結婚したいけれど、どうしようもなくて困っているという気持ちが、よしかさんから伝わってこないのです。

    苗字に関係なく、その恋人は、これから先に、どんなことでも乗り越えていきたい、人生のパートナーなのか、考えるのはいかがでしょう。
    結婚ということ自体に、違和感があるかもしれませんね。

    どちらも、幸せになられますように、心から願っています。



    ararin  2018-03-02 13:33
  • よしかさん、こんにちは。私も基本的にはよしかさんの心の問題だと思います。mamiさんも仰ってるように、どこまで拘るか、の問題なんですね。

    私の友人に「お父さんが亡くなった原因が漢方薬だから、私は絶対漢方薬飲まない」と言って、頑なに漢方薬を飲まない人が居るんですね。市販されてる葛根湯ですら飲みません。
    でも、その人のお父さんは、癌で亡くなったし、漢方薬で亡くなったっていう因果関係も、医師に言われたわけではないんです。ただ、怒りや悲しをぶつける対象が「漢方薬」なんです。よしかさんの拘りも、端からみればそんな感じなんですね。でも、人の悲しみや怒りは本人しか分からないし、他人が簡単に「こだわるのやめたら?」と言えるものでない事はよく理解できます。

    で、どうしてそんなに拘ってしまうかなんですが、お母様に対して、未だに許せなかったり、怒りの感情っていうのはありますか?もし、あるとすれば、それはお母様の不倫で辛い思いをした自分の気持ちを、ちゃんと分かって欲しい、自分と向き合って欲しい、という気持ちがあるのかなと思うんですね。だとすれば、まずはそこを認めて癒してあげるのが先かな、と思います。

    今の話は、あくまで私の想像ですので、よしかさんはもっと違った気持ちなのかもしれません。でも、そんな風に自分の気持ちと向き合って、不倫相手に対する嫌悪感をもっともっと深く掘り下げて、傷ついた過去の自分を癒してあげれば、だんだん気持ちが緩んでくるんじゃないかと思います。

    結婚については、実はよしかさんは彼と結婚したくないのかなと感じました。言い方を変えると、そこまでの苦労をしてまで結婚する覚悟はないのかな。
    どうしても、彼でないとダメで、問題が本当に名字だけなら、婿養子に来て貰ってでも結婚したいと思うと思うんですね。

    因みに、「彼の母方の姓に変える」というのは、彼の父方から見れば、跡継ぎ(彼)の姓が変わってしまうのですから、結局お父さんを婿養子に出したのと同じことになりますよ。それなら、アッサリ彼を婿に貰った方が良い。
    そこで、彼のご両親に対する「申し訳ない」と言う思いや、彼に対する引け目を引き受けてまで、一緒に居たい、と思うほど好きではないと言うことなのかな、と思いました。
    それは、悪いことではないのですよ。ただ、それなら、早めに別れてお互い別の道を行った方が良いです。

    どうしても彼が良いなら、もっと我儘になっても良いと思います。せっかくのご縁なのに勿体ないです。
    ただ、彼自身が、「婿養子は嫌だ」と言った場合は、諦めないと仕方ないですよ。

    具体的な結婚の話とはべつに、自分は本当に彼と結婚したいと思っているのか、不倫相手の名前に拘ってしまう本当の理由は何なのか、向き合ってみるよい機会なのではないでしょうか。

    どんな形でも、よしかさんがスッキリとした気持ちで日々を過ごせるように祈っております。

    fukupon 1位 2018-03-02 14:40
  • よしかさん、重ねて失礼します。
    とても気になったので。

    よしかさん、本当に、この彼の愛情を捨て去っていいのでしょうか?
    ここまで愛してくれる人は、もしかしたら、なかなか、いないかもしれません。
    「名前が嫌だ」ということを理解し、受け入れてくれて、結婚まで考えてくれる。
    そんな誠実な男性の手を、離してしまっていいのですか?

    こういう男性は、一度別れると決めるまでは、精魂尽き果てるまで、女性へ尽くします。
    ですが、「もうダメだ」と区切りをつけると、ケジメをしっかり守ることが多いですよ。
    誠実で、物事に真摯に向き合う人との、自分都合で別れた場合の復縁は、相当に難しいと思います。
    男性が深く傷つくからです。

    別れたあとで後悔しても、遅い時があります。
    過去のわだかまりのフィルター越しではなく、目の前の、彼の愛情を見て欲しいと願います。
    今を生きることを、大事にしてくださいね。
    幸せを見逃さないでくださいね。


    ararin  2018-03-02 17:32
  • よしかさんこんにちは(^^)/
    そこまで結婚したいと思ってくれる彼がいてうらやましいなーというのがまず正直な感想です笑

    さて。
    同じことでぐるぐる悩んでループしていることにまず気付きましょうね。

    >他に何か方法はないのでしょうか?
    そんなのあったらとっくによしかさんが調べていますよね。

    >やはり私の気持ちを変えるしかないのでしょうか?
    そうです。

    …というと語弊があるのですが、「気持ちを変える」というより、「気持ちは変えられないけど前に進む」ということですね。
    幸いにもよしかさんは今選べる立場にいるのですから、ちゃんと考えて選ばなければなりません。

    その前に一つ質問なのですが、
    >結婚後私の苗字を名乗ることは彼が一人っ子であるため出来そうもありません。
    これって想像ですか?
    それとも彼が実際にこう言ったのですか?

    >また、それならばと彼が自身の母方の姓に変えて結婚するのはどうかと提案してくれましたが、
    一人っ子だからというので跡継ぎ問題があるのかと思いましたが、母方の姓を名乗れるなら家を継ぐという概念もなさそうですよね?
    それならよしかさんの姓を名乗ればいいのではないでしょうか?

    以上、質問終わりです。
    まぁ、この質問の答えはどちらであっても私のアドバイスにはあまり影響しないのですが、一応気になったので聞いてみました♪

    でね。
    よしかさんは「打つ手がない」と言っていますが、打つ手を潰していっているのは他でもないよしかさんですからね。
    それは気付いていますか?
    せっかく彼がいろいろ提案してくれているのに、「彼の親族を巻き込みたくない」という自分本位な理由でその手をはねのけているんですよ。
    よしかさんが悪いわけでもないのに、キツい言い方をしていることは自覚しています。
    でも、ここで「誰が悪い」という議論をしても無駄なんですね。
    よしかさんは悪くないです。
    しいていえば不倫をしたお母さんが一番悪いでしょう。
    でも、それが今置かれた状況なのだから乗り越えていくしかないのです。

    彼はよしかさんのためなら迷惑がかかってもいいと思っています。
    でも、よしかさんは「迷惑をかけたくない」と思っています。
    これを「自分本位」という意図が伝わるでしょうか。
    例えるなら、よしかさんが消しゴムを忘れて、彼が「貸してあげる」と言っているのに、「いらない。あなたに迷惑がかかるから」というのと同じことです。
    消しゴムと結婚は重みが違うと思いますか?
    それは大間違いですよ。
    どちらにしたって彼の「愛」であることには変わりありません。
    愛に重さも軽さもありません。
    彼はよしかさんに迷惑をかけてほしがっています。
    というか、そもそも迷惑だとも思っていません。
    彼の手をはねのけることのほうが、彼にとってはよっぽど迷惑です。
    形は違えど、彼に迷惑をかけている自覚はありますか?

    「じゃあ別れます」とか言わないでくださいね。
    恋人や夫婦なんて、迷惑かけあってナンボです。
    迷惑をかけない関係なんて異常です。
    ヨボヨボになったとき、
    「あのときはお前にさんざん迷惑かけられたな」
    「あなたこそ意地っ張りで私は困ったわ」
    なんて思い出話をするのが本当の愛じゃないですかね。
    私はそう思いますけど♡

    最後にこのアドバイスを一言にまとめて終わりにします。

    水くさい女は可愛くないですよ(^^)/

    みのり 17位 2018-03-02 17:51
  • > No.71635のコメントへの返信

    こんばんは
    呪縛…まさにそんな感じです。過去にとらわれてしまっているのですね。
    最終的には私の気持ちや、そこのとらわれをなんとかするしかないのだと解っていながら、それでも誰かに聞いて、別の視点からの意見が聞きたかったんです。こんな問題を簡単に友人等に話せるわけもなく、二人で話し合うしかなかったので…。
    コメントを頂きありがとうございました。
    自分の問題も含め、もう少し考えてみます。

    よしか(投稿者) 2018-03-02 18:45
  • > No.71637のコメントへの返信

    厳しいご指摘を頂きありがとうございます。
    ですがいくつか訂正させてください。
    彼に感謝がないなんてことはありません。寧ろ今の自分がいるのは少なからず彼の存在もあってのことなので、だからこそ彼の人生を考えて、別れた方が良いと伝えてもいるのです。
    私の気持ちは変わらないし、将来結婚出来ないのに一緒にいたところで時間ももったいない。先のことを考えるなら早くお互い新しい人を見つけた方がいいと。
    一生我が儘に付き合わせる気もありません。
    なので仰ってくださったように、私が結婚したくないようにみえるというのも本当は正しいと思います。
    なにがなんでも彼と結婚したいという気持ちは私にはないのだと思います。
    今回のご指摘を受け、改めてそれに気付かされました。
    コメントを頂きありがとうございます。
    他のコメントも踏まえて、私自身も今一度考えてみます。

    よしか(投稿者) 2018-03-02 18:58
  • > No.71638のコメントへの返信

    【ご両親が「離婚した理由」は不倫相手が原因ではないでしょう。】
    まさにその通りです。他にも借金などの原因もありました。なので私がきっかけにとらわれてしまっているところもあるのですね。
    家族のことが恋愛に影響してしまっているのも事実です。
    両親が揃っていて、かつ大切に育てられてきた彼に後ろめたさを感じてしまうこともあります。
    お友達の例までお話ししてくださりありがとうございます。
    いっそ結婚してしまえば良い、というのは目から鱗でした。
    確かにしてしまえば、そこから何か変わるかもしれませんよね。
    何かを恐れずに動いてみることが大切なんですね。
    コメントを頂きありがとうございました。
    頂いた意見を参考に、今一度考えてみます。

    よしか(投稿者) 2018-03-02 19:59
  • > No.71641のコメントへの返信

    結婚したくない原因が他にもあるのでは、というご指摘はまさにその通りかもしれません。
    自分の自身のなさも確かに持ち合わせています。自分に結婚して家庭を持つことが出来るのだろうか、ちゃんと母親になれるのだろうか、と思うことはすくなくりません。
    ですが、【同じ名字の男性を傷つけることで、お母様に復讐しようとしている気持ちは】は全くありません。どちらかというと、かかわり合いを避けようとしてしまうので、彼のことも初対面ではなるべくかかわり合わないよう、関わるとしても表面的であるようしてきたのです。なので恥ずかしながら、付き合うまでに2も年近くかかったほどです…。
    また、【結婚したいけれど、どうしようもなくて困っているという気持ち】が伝わらないとのことですが、私になんとしてでも彼と結婚したいという気持ちがないからだと思います。困ってはいるが、どうしようもないなら諦めてしまえばいい、ときっとどこかで思っているのだと思います。
    色んな方が真剣に相談に乗って下さっているのに、本当に失礼なことですよね。
    ご意見頂きはっとさせられました。
    少し自分を振り返り、何が本当に問題なのかを考えなければいけませんね。
    貴重なコメントを本当にありがとうございました。

    よしか(投稿者) 2018-03-02 20:14
  • > No.71644のコメントへの返信

    ご友人様のお話をしていただきありがとうございます。とても解りやすく、一番は私の拘りや、それに対するケアが問題ですね。
    怒りや悲しさもありますし、仕方ないことですが何故不倫相手は彼と同じ苗字だったんだと恨んでしまうこともあります。
    ですが考えすぎたところでいつももう考えたくない、思い出したくないと全てに蓋をしてしまい、その気持ちを取り扱うことから逃げてしまうのです。そこは私の問題で、何かあると必ずそう対処してしまい癖になってしまってます。
    なので実は彼と結婚したくないのでは、というご推測は当たっているのだと思います。向き合う覚悟もなければ、彼の親族まで巻き込んでそれでもなんとかしようと、そこまでしてでも彼と結婚したいという確固たる気持ちが弱いのだと思います。
    【 そこまでの苦労をしてまで結婚する覚悟はない 】本当にその通りでお恥ずかしい限りです。仰ってくださったことがその通りすぎて、自覚はしていたとはいえ改めて直面化されるとやはり向き合わずにはいられない問題だと感じさせられてしまいました。
    貴重なコメントを頂きありがとうございました。
    今一度自分を振り返ってみます。

    よしか(投稿者) 2018-03-02 20:38
  • > No.71647のコメントへの返信

    重ねてのコメントありがとうございます。
    彼の気持ちは本当に私には勿体なさすぎるぐらいで、感謝とこんな自分で申し訳ないという気持ちばかりです。
    別れた後で後悔することのないよう、充分に気を付けて考えていきたいと思います。
    ご忠告ありがとうございました。

    よしか(投稿者) 2018-03-02 20:44
  • > No.71649のコメントへの返信

    【気持ちは変えられないけど前に進む】確かにずっと抱えてきたこの気持ちを今日明日で変えるなんて無理だと思っています。ならばその気持ちを抱えたまま、仰ってくださったようにそれでも乗り越えて前に進むしかありませんね。
    結婚後に私の苗字を名乗ることについては、彼が直接言っていたわけではありませんが、彼のお母様が反対するのではないかと、彼の様子やお母様の印象から私が感じていることです。
    なのでそこは確かにきちんと話し合って確認しておくべきでしたね。私の独断となっていました。
    ご指摘ありがとうございました。
    選択肢があるのにそれを選ばず、潰してしまっているのも私自身ですね。
    消しゴムの例、なるほどと思わされました。謙虚は傲慢の裏返しですね。迷惑をかけるからと理由付けして彼の気持ちを理解しようとせず、私は傲慢になってしまっていたんだと思いました。

    コメントを頂きありがとうございました。
    二人ともが納得出来、これでいいという方向を考えて選択をしたいと思います。

    よしか(投稿者) 2018-03-02 21:15
  • これはあくまでも私の個人的な意見ですが。

    「彼と本当は結婚したくないから苗字のせいにしている」という心理的な一面もあるかもしれないけど、
    私としては、彼と結婚「したくない」と思うほどの否定的な気持ちが貴女の中にあるなら、
    4年も同棲生活は続かないと思うし、ここまで深く悩まないんじゃないかな~と思いました。

    彼と真剣に苗字の件を模索している感じがするので、どちらかと言うと貴女は苗字にこだわる余り、
    彼と長く付き合いすぎて「彼が居なくなる現実が想像できていない」気がします。

    貴女は大学生の頃に彼に出会い、23歳から28歳の今まで6年間、彼と付き合っていますよね。
    そして、25歳から28歳の今まで4年間、彼と一緒に暮らしていますよね。
    これはもう「大人になってからのほとんどの思い出や人生、青春を彼と共に生きて来た」ってことです。

    言わば貴女たちには「歴史」がある訳です。貴女の場合、恋愛という切り口で言ったら
    その当たり前の日常は1ミリの変化もない訳です。他の同年代の女性たちは付き合ったり別れたり、
    あの人が好きだと思った次の月にはもう別の人を好きになっていたり・・・それが貴女はない訳ですよね。

    貴女の中で「居て当たり前」という感覚になってもおかしくない彼と4年も一緒に暮らしているのに、
    彼は未だに貴女と結婚したがっているし、貴女も段々彼のことを好きになって結婚も考え始めた。
    でもどうしても「彼の苗字に対する嫌悪感」という感情の壁にいつもぶつかり、先に進めない。
    それってつまり(苗字さえ違えば結婚できたかもしれないのに・・・)という思いでもある訳ですよね。

    苗字以外の彼への不満が書かれていないので、私としては(4年も同棲しているのに
    彼への不満は苗字だけなんだ・・・すごいなぁ~。性格的に相性がいいんだろうなぁ~)と思いました。

    彼の苗字に対する嫌悪感についてですが、
    貴女が視点を切り替えて「大人になる」ことが出来れば解決します。

    例えば、「よしか」という名前は、私の元彼の浮気相手と同じ名前だったとしましょう。
    私は「よしか」のせいで彼と別れることになったので「よしか」という名前に嫌悪感があります。
    なんなら顔も思い出してしまうくらいで、今でもその名前を見たり聞いたりするだけでモヤモヤします。

    ・・・という感覚を私が誰かに言ったとき、世間ではそれを「八つ当たり」って言うんだと思うのです。
    八つ当たりとは、腹を立てて関係のない人にまで当たり散らすことを意味します。

    「よしか」にもいろんな「よしか」がいて、「人の男を奪う よしか」もいれば
    「ひとりの男性を6年も愛し続ける よしか」もいる。世の中にはいろんな「よしか」がいる訳ですよね。
    それなのに、例えば私が「よしかっていう名前に恨みがある。嫌悪感がある」と貴女に伝えたら
    貴女は(よしかを一括りにするなよ!いろんな よしかがいるんだよ~)と思いませんか?

    日本で一番多い苗字は「佐藤さん」らしいのですが、いろんな「佐藤さん」がいるように、
    例えば貴女の彼が「佐藤くん」で、母の不倫相手も「佐藤さん」だったとしても、
    それは「誠実な佐藤くん」と「不倫をする佐藤さん」では、雲泥の「佐藤さんの違い」がある訳です。

    つまり「佐藤さんもピンキリ」なのです。まぁ、当たり前ですけど。
    でも貴女はこの「違い」を全く無視していますよね。

    貴女は「佐藤さん」を一括りにして見ている訳です。
    世の佐藤さんが「佐藤で一括りにするなよ!」と言いたくなるような場面であっても、
    貴女の「佐藤くん」は「君の佐藤トラウマなんて俺には関係ないだろ!」とは言わずに寄り添っています。
    彼は生まれ持った苗字に貴女から八つ当たりされても、貴女と一緒に人生を歩みたいと思っています。

    どんな過去の経験があっても、現在の貴女は「佐藤さんの線引き」ができない子供なのです。
    未だにその苗字に嫌悪感があるってことは、ある意味、親離れできていない子供と同じです。
    理性で分別をつけられず、「夫以外の男の前で服を脱いだメスである母」も同罪なのに、
    不倫相手だけを嫌悪の対象にするのは、理性ある大人の解釈ではないと思います。

    両親の離婚で貴女が誰かを「恨みたい」なら(これは貴女が選択している感情です)
    夫婦の絆が弱くて浮気する隙があったり、借金をして不仲になった両親のことも、
    その不倫相手と同じくらい恨んだ方がいいです。何故なら、全員に落ち度があるからです。

    でも最終的には、この「3人の大人」の心を共感しなくていいから理解して、反面教師にすればいい。
    「悪いお手本」を見て育ったのだから、その逆をすれば貴女は幸せになります。
    彼らの未熟さや弱さ、寂しさからの失敗を踏み台にして、貴女は堂々と幸せになってしまえばいい。
    貴女が彼を本当に愛しているなら、彼と結婚して「幸せな佐藤さん」になればいいのです。

    もしくは、貴女はほぼ「その彼しか男を知らない」状態なので、彼と結婚したら「打ち止め」です。
    他の人と付き合うことはもう出来ないし、それをすれば母親と同じ不倫をするか、離婚するかです。

    結婚する覚悟ができない理由が「苗字」ではなく、「彼ヘの不満」でもなく、
    「温かい家庭を知らないから自分が作れるか不安」ではなく、「妻や母になる自信がない」でもなく、
    (他の男も知りたい、他の人とも付き合ってみたい、もっと他にいい人がいるかも・・・)と
    少しでも思うなら、彼と付き合ったまま同棲を解消したらいいと思います。

    そこで「彼のいない日常」を経験すれば、貴女も自分の本心が見えてくると思うし、
    結婚する覚悟や別れる覚悟もできるのではないでしょうか。

    どんな理由であれ、何かにこだわる人や執着する人は
    固定観念が強いので精神的に弱いし、幼い場合が多いです。

    ――――――

    自分を傷付けた誰かのことをいつまでも気にして、決して忘れず、
    絶対に覚えていて恨み続ける人は、果たして幸せな人でしょうか。

    貴女が握り続けている
    その被害者意識は、貴女を幸せにしてくれますか?

    ――――――

    そうやって自己憐憫に陥ってそれを主張すれば、受け手は同情するけれど、
    それを【 自分らしい人生を生きられない言い訳にしてはいけない 】と、私は思います。

    そういうことを続けていると、
    その人は「自分らしい幸せ」を放棄したまま、苦しみだけが続くからです。

    自分を傷付けた人の影響で自分の人生が楽しくなくなるなんて、こんなバカらしいことはないです。
    誰かに理不尽に傷付けられても、「絶対に幸せになってやる!」と奮起するのです。

    最大の復讐は「自分の人生から完全にその人を追い出す」「一瞬だって考えてあげない」
    「思い出してもあげない」「心のどこにも置いてあげない」「気にしてなんかあげない」
    「私の人生に何の影響力もない人間だと、自分や周りに知らしめる」ことです。

    過去の経験に負けないで下さい。引きずられないで下さい。
    だってそれじゃ悔しいじゃないですか。なんでそんなオッサンのことで貴女が悩まないといけないの。
    そんなオッサンに貴女の人生の足を引っ張られる必要なんてないです。

    精神的に自立して「本当の大人」になる為に必要なのは、理性と客観性です。

    彼の親戚にその人がいる訳じゃないんだし、その人は貴女と彼の恋愛には全く関係ない人なんだから、
    苗字でイメージを固定させて一括りにして考えることをやめて、しっかり線引きをしていきましょう。
    「それはそれ」「これはこれ」「それとこれは別物」・・・心からこれが理解できるといいですね。

    応援しています。

  • >夫婦別姓で事実婚はどうかという案は、子供が出来た時に両親が違う苗字で戸惑わせたくないということで却下になりました。

    子供ができるとも限らないし、子供が戸惑うこともないと思います。国際結婚だと父母の名字が違うことも多々あります。

    そもそも、嫌悪感のある名字の男性なら、お付き合いを受け入れる時点で考えた方が良かったのでは。

    あと、子供ができたとして、子供の名字が自分の中で「不倫」を連想させるのは、嫌悪感はないのでしょうか。そちらのほうが深刻では?

    「牛糞」「阿呆」「金玉」などいずれも実在する名字だそうですが。

    http://zatugakujitenn.net/words/myouji.html

    そんな特殊でもなく、一般的な名字の方ですよね?想像して頂きたいのですが、同じ名字の別人が、溺れた時に命を救ってくれた恩人だったとしたら、その不倫相手と同じ名字だからもやもやする、なんて言えますか?

    そこまで言えたら、別れても後悔はないと思います。

  • よしかさん

    はじめまして。

    ご相談内容とコメントを順を追って読ませて頂きました。あまり被らない内容で私なりの感想を失礼致します。

    まず最初に結論を申し上げます。

    「この男性とは結婚すべきではないです。」

    籍を入れずこのまま事実婚「内縁の夫婦」でやっていく事は良いかと思います。

    理由は、たかだかこの程度の理由で「結婚したいのに結婚できない」と理由にしている点。この問題は後々夫婦にとっての氷山の一角に感じたからです。一時は万事です。

    男性もロミジュリ効果(ロミオとジュリエットみたい)にまんまとハマっているとしか思えません。博士理論で言うと「手に入らなくなるとなんとかしようとする心理。」

    その割には
    婿養子でも構わない!という潔さはない。


    お二人の恋愛の馴れ初めから拝読しましたところ、お相手男性が見初めてくださったみたいですよね。彼が好きでいてくれる事で徐々に好きになっていった。受け身の恋愛。これは悪い事は一つもありません。

    母親の不倫相手と同じ名字だから許せない事の本質には「母親が許せない」が隠されているように感じてなりません。お母様との親子関係は普通に良好でしょうか。母親に対して「許せない思い」があると、この先の夫婦生活、妊娠出産で、必ずや再び「わだかまり」がやってくると思います。

    最初に「たがが苗字くらいで。」とぶしつけに書き申し訳ありません。よしかさんご自身が躊躇するならば「籍を入れる婚姻はやめるべき」だと思います。

    また今回の問題は彼が婿養子に入れば表面上は解決します。一人っ子だから無理だ!という見解は今のご時世やや不思議です。職場や生活上は旧姓のまま通して暮らしていけます。また跡継ぎやお墓の問題も、言ってしまえば死後の話ですから必ずしもこの墓に入らなければならない。と決めつけるのも早いかと思います。多種多様な選択の余地はあるのに決めつけなくても良いという意味です。

    本当に宗派や戒律で無理なんだ!という事でしたら、それなりのお家柄だと想像がつきます。であるならば尚更やめた方が良いと思います。「母親が不倫した事を未だに恨み許せない女性」を嫁にもらう側の不幸も想像してしまいました。

    ここに書かれていない理由も沢山あるようにも思います。しかし人を許せない気持ちが根本にあるならば心穏やかではありません。

    結婚は白紙に戻し、心の闇と向き合い、親子関係を見つめ直す時間が必要に感じます。

    現状、名字が理由で踏み切れないものを無理矢理に決行する事だけは避けるべきだと思います。

    文中では「べき」という表現を何度か用いました。それは、よしかさんの内面に強い「べき」を感じた為、あえてこのように表記させて頂きました。


    その心の重荷(わだかまり)の爆弾を抱えたまま結婚する事だけは懸念致します。

    お聞き苦しいコメントになりました。
    お読み頂きありがとうございます。

    mary 26位 2018-03-03 13:12
  • > No.71667のコメントへの返信

    【彼が居なくなる現実が想像できていない】
    確かにその通りかもしれません。社会に出てからのほとんどの時間を彼と一緒に過ごしてきました。
    同棲についても、もともと私が一人暮らしを始めていたところに彼が転がり込む形で入ってきたので、始めは何もなかった部屋も今ざっと見渡すだけでも彼と関するものばかりです。
    これが全部なくなったらどうなるんだろう、というイメージは確かにあまり出来ていませんでした。
    【苗字さえ違えば結婚できたかもしれないのに・・・】と思ってしまったこともあり、それが我が儘で自分勝手で、相手のことを何も考えてない思いであることも解っています。
    私が精神的に大人になりきれていなかったんですね。過去のことなのに、今はもう関係もないしまして彼とは無関係なのに、気になって仕方がない。どうしても引きずられてしまう。頭では解っていても無意識にある感情が邪魔をします。
    恨んでいない、八つ当たりもしていない。だって私から関わりを避けているのだから。は、充分立派な八つ当たりでしたね。ご指摘されて、私はそうじゃない、と何回も読んで、考えて気付きました。
    ネガティブな感情を否認してしまっている私がいたんですね。母を恨んでいました。その相手も。なんなら父のことも含めて、家族をばらばらにした親、大人に対して怒りや悲しみがあったんだと思います。
    きっとそこなんですね。私自身の問題をなんとかしないととにかく前に進めない。堂々巡りで何も変わらない気もします。
    コメントを頂き本当にありがとうございました。
    自分の人生を生きたいです。何かにとらわれずに、自分の意思で。

    また、この相談とは直接関係ありませんが、彼への不満というか、気になっているところはあります。いびきがうるさいとか、携帯で漫画ばかり読んでいるだとか、太りすぎているとか、まぁそんな些細なことなので不満という程でもないのですが…(笑)
    【他の男も知り、他の人とも付き合ってみたい、もっと他にいい人がいるかも・・・】 というのもはじめのうちは思ったことはあるのですが、彼はこれまでにもお付き合いしていた女性はいて、私は彼しか知らないのでどこかそこに焼きもちというかなんというか、それがなんというのか良く解らないのですが、本気でそう思うことは今はもうありません。彼以上に自分を大切にしてくれる人はいないんじゃないか、そんな人と出会うことはもうないんじゃないかと、ここ1年程でそう思うようになってきています。お恥ずかしい話ですが。

    よしか(投稿者) 2018-03-03 15:01
22件中 1ページ目を表示中
▲ ページTop

注目度急上昇の相談・トピック

会員登録
閉じる
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです 既に登録済みです
OK!
必須です 6文字以上必要です 16文字以内にしてください 半角英数字のみです
OK!
必須です 3文字以上必要です 16文字以内にしてください
OK!
必須です 正しいメールアドレスを入力してください 既に登録されています
OK!
 /  / 
「利用規約に同意する」にチェックがありません
OK!
簡単ログイン -外部サービスでログインもできます-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE
簡単ログイン -外部サービスでログインする-
Facebook Twitter Yahoo! Google+ LINE